車が左に流れる?サイドスリップ調整かアライメント調整

車の前輪を路肩に乗り上げたり、趣味で車高を調整したりすると、車が左に流れるようになるケースがあります。

まず前輪に強い衝撃があった場合では、前輪の向きがわずかに曲がることで、このような現象が現れます。

また車高を調整した場合も、前輪の向きが僅かに動いて、まっすぐ走らないと感じるようになったりもします。

車が左に流れて困る女性

こんな時は、車検の項目にもあるサイドスリップ調整で解決することがあります。

このサイドスリップ調整は、前輪の向きを左右で調整してまっすぐ走るようにする整備です。

車検を受け付けている整備工場やディーラーに相談すれば、調整してくれるでしょう。

料金は3,000円前後が一般的です。

ただしこのサイドスリップ調整は、前輪のみ調整するので、後輪に曲がる原因がある場合は、この調整をしても左に流れる症状が改善しません。

例えば、後輪に強い衝撃が加えられた場合や、いつも車止めに強く当たっている場合など、後輪が原因で左に流れることも考えられます。

この様な場合は、サイドスリップではなくアライメント調整が必要になります。

車のタイヤに問題があると指摘する整備士

このアライメント調整は四輪全ての向きと角度を確認して調整するものです。

アライメント調整をすれば、サイドスリップでは調整しきれない部分まで改善されるので、よほど車に問題がない限りまっすぐ走るようになります。

ただしアライメント調整は、車検の項目に含まれませんので、一般的なディーラーや整備工場で受けることが出来ないことが多いです。

アライメント調整を受けるには、タイヤショップやオートバックスなどのカー用品店に相談してみましょう。

料金は車種などにより異なりますが、15,000円から30,000円前後が相場になります。

参考価格:ホイールアライメント測定・調整 | タイヤPIT | ピット | Super☆AUTOBACS TOKYO BAY東雲

かなり金額の幅がありますので、あらかじめショップに電話連絡や見積もりをもらうなどしたほうが良さそうです。

また、アライメント調整は整備する人の腕とセンスによって味付けが異なります。

気になる場合は、ショップで詳しい話を聞いてから検討するべきです。

車の整備工場の様子

例えば、数日乗ってみて気になる場合は再調整してくれるとか、車の症状を的確に診断できるショップなら安心して申し込むことが出来ます。

車が左に流れる場合は、タイヤに大きな負荷がかかっている場合もありますから、タイヤのヘリが早くなったりハンドルが重くなったりすることがあります。

また必要以上に右にハンドルを調整する必要があるため、運転していてとても疲れる車となっています。

早めに調整して、安全安心なカーライフを!

winmugen