車を下取りに出すときのポイント

車好きな人なら普段から車を大事に利用しているでしょうし、愛車に対しての思い入れもあることでしょう。

ただし場合によっては、その愛車を手放さなくてはならないという経験をしている人も多いのではないでしょうか。

もちろん、次の愛車を手に入れるために、これまで大事にしてきた愛車を下取りに出すということも含まれます。

車下取りに出す予定の自動車

そんなとき、自分の大事にしてきた愛車ですから、下取りするときでも少しでも高い価格で買い取って欲しいと思うのがオーナーなら当然のことです。

もちろん、なにもしないで高く買い取って貰えるに越したことはありませんが、少しでも高く買い取ってもらうためには、自分でできる最低限のことはやっておくことがポイントになるでしょう。

たとえば車ですが、いくら自分が大切にしていたとしても、その車が汚れていたら印象は悪くなるでしょう。

もちろん、外装もそうですが、車内の掃除も丁寧に行うことが大事です。

車自体がきれいになるのはもちろん、車を大事に扱っているというオーナーの印象を与えることで、買い取ってもらう側にも好印象となり、より金額面でもプラスになることは間違いません。

たったそれだけのことでも、買い取り価格が数万円変わってくることも悠々起こりうることなので気を付けましょう。

中古車の内装とメーターまわりの画像

それから、車を高く売るために何よりも大切なことは、複数の買取店に車を持ち込み査定をしてもらうことです。

中には面倒臭がって、近くの買取店に持ち込んですぐに売ってしまう人もいますが、それではもったいないです。

買取店の側もできるだけ安く買って店の利益を確保したいと考えているワケですから、他の店の査定額を伝えなければ査定額をアップしてもらえません。

特に珍しい車に乗っている人の場合は、店によって査定額が変わりやすい傾向がありますから要注意です。

また、どんなお店にも共通することですが、綺麗な車ほど高い査定額がつきやすい傾向にあります。

車買取業者で査定を待つ風景

買取店の側は車の綺麗さから、その車が今までどのぐらい丁寧に扱われてきたかを推測しているのです。

丁寧に扱われてきた車であれば、内部の部品の損耗も軽度であると予想されるので高い査定が出やすいというわけです。

車を売ると決めたのであれば、一度、内装も外装もまとめて綺麗に掃除しておくのがよいでしょう。

汚れだけでなく、ニオイにも要注意です。

なお、キズや凹み、車検などを気にする人も多いですが、それらはあまり査定額に影響を及ぼしません。

時間が立つほど相場は下落しますからいちいち修理したり、車検を通したりするよりはすぐに売ってしまったほうが得をします。

参考になった・・・ガソリン代や税金だけが維持費ではない??ランクルと他車種を比較してみる

winmugen