車の売却金額を比較すると大きな差がある

自動車を売却する際には多かれ少なかれ、お金が発生します。

もちろん自動車の年式や走行距離、市場価値などによって大きな差は発生はしますが、引き取り先によって大きな差が出てくることも事実です。

一般的に市場価値による差は大きく、走行距離が10万キロを越えていたりボディーに大きなダメージがあったり修復歴がある場合でも海外で人気がある車種であれば、驚くような金額がつくことも当たり前です。

ヴェイロン・ブガッティ

ランドクルーザーなどのSUV車等は頑丈ですし、海外からの人気も比較的高いことから長年の使用と走行距離過多であっても、100万円程度は簡単に値段が付きます。

また新しい車を購入する場合には、ほとんどのメーカーで値引きを要しています。

それは日本車でも輸入車でも同じですし、ほとんどの地域で顧客の取り合いはされています。

そのため店舗によって値引率は多少は違いますし、暗黙の了解で値引きの限界もある程度は設定されています。

そして値引きが限界に近づいて、購入をしてほしいのに予算金額が合わない場合には、売却する車の金額が変動する場合があります。

ランボルギーニ・アヴェンタドール

下取りとなる車も査定をもとに金額が決められるのですが、下取りをした後は再販売をします。

そのためあらかじめ利益を考えた下取り金額を提示していますので、交渉次第では下取り金額の引き上げも可能です。

ディーラーを何件も回って、価格を比較することによって一番高い下取り金額と大きな値引き金額を両立させることが可能です。

自動車売却手続きの必要者類

自動車を売却する際には様々なシーンがあります。

ただ単純に車を売却することもあれば、新しい車購入のための下取りにすることもあります。

そういった際に、車を売却するために書類を用意する必要があります。

もちろん必要書類等は自動車ディーラーなどの買い取り先が教えてくれます。

仮に売却する車が軽自動車だった場合には、書類を準備する必要もなく、委任状に住所、氏名を記入して捺印をするのみです。

フェラーリ599

軽自動車の場合には認め印でも構いません。

普通自動車になると必要書類として、印鑑証明があります。

一通用意した上で、委任状に氏名、住所を記入して、実印で捺印をしなければなりません。

また譲渡証明書にも記入しなければいけませんし、保険譲渡書類にも記入があ必要です。

もし現在の住所が車検証住所と異なっていれば、印鑑証明の住所との繋がりを証明する必要がありますので、住民票が必要となります。

また車検証住所から複数回の転居をしていたり、他府県への転居等があれば、住民票だけで証明することも難しい場合があります。

その場合には戸籍の附票という書類を発行することで住所の繋がりを証明することが出来ます。

住民票などの発行が時間的に難しいようであれば、買い取り先に委任状を渡すことで、代わりに用意してもらうことも可能です。

winmugen